立地がものをいうアパート経営

おすすめ情報

アパート経営と商圏からの距離

農業の高齢化が進んでいるなかで、今まで水田として利用されていた土地が耕作放棄地になっています。耕作放棄地のままでは、土地を持っていることの価値が生まれないどころか、固定資産税をとられるため損です。
そこで、農家のなかで耕作放棄地を使ってアパート経営をする農家が増えています。アパート経営をするメリットとしては、アパートに住人が入れば、継続的に家賃収入が入ることです。従って、不労収入で楽して稼ぐことの収入であるため、これほど楽に稼ぐ方法はありません。
しかし、アパートの人気は、商圏からの近さに比例します。商圏に近いアパートは、多少家賃が高めでもうまります。一方、商圏から遠いアパートでは、家賃を安くしてもうめるのに苦戦することもあります。農家の方がアパート経営をする際に考慮した方が良いことは、商圏すなわち街の繁華街からの距離です。人里はなれたところに、アパートを建てたとしても、その近くには、職がないためアパートは空室が多くなります。アパートを建てた際に目がいきやすいの管理や、外観です。確かに、管理がされていないアパートには住民は入りません。しかし、商圏からの距離やアパート周りの環境にも着目した方が良いです。

アパートの売りは何か?

アパート経営をする際には、そのアパートの売りは何かと言うことが重要になります。
一番の売りになることは立地です。これに勝るものはありません。職場から近いアパートは人気がありますし、公共施設、学校や病院から近いことは長所になります。立地が良いと、賃料が高くても入居者が入ります。しかし、立地が悪いと賃料を安くしても厳しいです。
次に、管理も重要です。私は、ポスティングの仕事もしていることもあり、様々なアパートに行くことがあります。その中で、外見がよいアパートは入居率が高いです。その反対に、階段の踏み板が腐っていて、浄化槽の臭いがしたり、窓ガラスが割れているようなアパートもあります。賃料が月に2万円程度のアパートもありますが、入居率は低いです。従って、アパート経営について、アパートの管理が適切に行われていることは重要です。
最後に、家賃に関してはアパート経営における重要性は前の二者より低いです。なぜなら、アパートは住環境であり、入居者や入居者の家族がくつろぐ場であるため、住環境が悪いと住むことができないからです。住環境が一定程度である場合にはじめて、賃金の安いかどうかの問題が出てきます。従って、賃金が安いアパートに入居する場合は、住環境を考えて、自分が生活しているイメージ想像しましょう。