リスクマネージメントの重要性

おすすめ情報

アパート経営は良いことばかりではない

自分の家があって、親から土地を相続したが、使い道が無い場合におすすめなのがアパート経営です。なぜ、アパート経営がおすすめかと言うと、アパート経営は不労収入であるため、職を持っている人は、副業として、定年退職した人は、老後資金として家賃収入で生活ができます。特に、これから退職後の年金額は下がり続けるため、何かで補完する必要があります。その際にアパート経営は収入こそ多くありませんが堅実な手段であると思います。
しかし、アパート経営は良い面ばかりではありません。多少の危険な面も含んでいます。一番の大きなリスクは、空室リスクです。空室が多いと、家賃収入が少なくなります。それに関わらず、管理費用は、住んでいる住んでいないに関わらず出費される費用です。空室の場合は、管理費がかからないと考えている人もいるかもしれませんが、実際はそうではありません。アパートに人が入っている場合は、入居者が自分の住みやすいように住環境を整えますが、空き室のまま、一年などがたつと、部屋にカビが映えたり、シンクが錆びたり、さまざまな劣化現象が見られるようになります。従って、アパート経営は一種のギャンブルである要素もあるかもしれません。だからこそ、始める前に十分な戦略を立てましょう。

アパート経営をする時の注意点

多くの人が一度はやってみたいと思うことにアパート経営があると思います。アパートは働かずにお金が入ることで有名で誰でもこれには憧れると思います。ですがそんな甘い話だからこそ簡単なわけがありません。そこでここではアパート経営をする際の注意点をいくつか話していこうと思います。
まず重要なアパート選びなのですが、よく見ておく点は耐震がきちんとなされているかです。今何かと注目されるのが自然災害です。日本の西から東までどこでも大きな自然災害に襲われる危険がこの日本にはあります。なので住居者もここは見ています。耐震はされていればいいのですが、後から耐震工事をしようとなるとかなりの費用がかかってしまうので、耐震がきちんとしてあるアパートを選ぶことが大切です。
それとアパート経営の大変なところは購入してそのアパートを売却するときも気を付けないといけないということです。購入したらそのアパートの価値は一定に保たれるわけではなく、購入してからでも環境の変化によって需要と供給が変わってくるわけですから、売却ですんなり元通り返ってくるわけではないというこです。赤字にならないよう注意が必要です。アパート経営は成功すればお金も手に入りいいのですが、注意しないと泣きを見るので注意をしてください。