アパート経営を上手にするコツ

おすすめ情報

アパート経営は利回りだけで選ばない

「アパート経営」をするポイントは、自分が住みたいと思える物件であるかです。アクセスや環境も大切ですが、内装も隅々まで確認しましょう。お手洗いやバスルーム、キッチンの使いやすさなども重要です。バルコニーの広さやクローゼットの収納力なども見ておきましょう。

耐震性も物件選びで重要なポイントです。大きな地震が続いている影響で、人々の防災意識が昔よりも高まっています。耐震性に重点をおく人も増えているので、大きな地震に耐えられることを確認しておきましょう。構造だけでなく、資材に何が使われているのかも見ておきたいところです。実際に自分が住むわけではなくても、自分が住むと考えて安心して暮らせるそうなところを選択しましょう。

アパート経営の失敗で多いのが、利回りだけで選んでしまうことです。思い描いた通りにいかずにうまくいかないこともあります。また、資産のためにアパート経営をする人も多いですが、資産のほとんどが負債であることも頭に入れておかなければなりません。経営がうまくいかないと支払っていけずにそれだけ負債が大きくなっていくことになります。負債があるかぎり、経営を失敗することはできないのです。空室ができにくい、魅力的な物件を選びましょう。

定年後の貯蓄の目減りをカバーできるアパート経営

定年退職後にどうしても避けられないのが、それまで懸命に貯めてきた貯蓄が目減りしてしまうことです。もちろん退職金などがある人の場合、そのお金を貯蓄に回せば貯蓄額を増やすことは可能ですが、それはあくまでも一時的なもので貯蓄というものは自然と目減りしてしまうものです。定年退職後に再び再就職を探して働き、継続的に安定した収入があるという人は限られてくるからです。国から支給される年金の額では生活費に消えてしまう割合が多くなかなか貯蓄に回すことは難しいからです。そこで定年退職後に貯蓄を目減りさせない方法としてアパート経営に興味を持たれる人が増えています。
アパート経営では家賃という安定した収入が期待できるため、物件を手放さない限り長期的に現金収入を得ることができます。そのため、支給される年金を生活費に充てて不足した金額をアパート経営による家賃収入で充当すれば、定年退職後の人にとって非常に重要となる貯蓄を目減りさせずに暮らしていくことができるようになります。また、アパート経営を始めるにあたっては物件を購入することになりますが、購入した不動産は換金性の高い財産となるのでいざというときの保険代わりとなります。